MENU

アミノ酸の過剰摂取

 

 

アミノ酸のとり過ぎというのは胃に悪いですよね。
ダイエットや筋肉を鍛える時にはアミノ酸が高い効果を発揮してくれるというのはよく知られていると思います。

 

アミノ酸を摂取する事によってトレーニングによる疲労の軽減によって身体に負担をかける心配もありません。
より効率よく理想としている身体を作り上げることができますよね。

 

とはいっても、アミノ酸は摂取すればするほど良い!
というものではありません。

 

まず、過剰に摂取した分というのは腸内において分解されて尿になって排出されます。
そして、特定のアミノ酸が血液中に増加し過ぎてしまった場合、細かく分解しなければなりません。
その結果、腎臓や肝臓に負担がかかるようになります。

 

腎臓に負担が増える事で慢性化してしまい、肝機能障害に繋がったりカルシウムの排泄量増加によって骨粗しょう症を発症してしまうころともあります。

 

ヨーグルトなどにも多く含まれているアミノ酸ですが、胃の防壁を強くする効果があります。
しかし、胃の消化が悪い状態において過剰摂取をしてしまうと下痢に繋がってしまうこともありますので注意が必要になります。

 

せっかくのアミノ酸も身体に悪影響を与えることがあるということをよく覚えておいてくださいね。