低用量ピルによる避妊方法

 

 

低用量ピルの避妊方法というのは、ホルモンの働きを利用することで排卵を起こさせないようにする、というものになります。
ホルモンを利用することで月経をコントロールする、というのが低用量ピルの目的でもあるのですが、避妊効果を得るためにも低用量ピルを服用している方も少なくありません。

 

その効果ですが、非常に高くて服用していれば妊娠をしてしまう心配もありません。
ピルというのはホルモンの働きによって排卵を起こさせないように働きます。
そして精子を子宮内に侵入できないようにする、という働きがあるのです。

 

子宮に入っている精子を殺すことはできないのですが、子宮に入ってきたとしても留まることができなくなります。
このピルの避妊効果というのは極めて高いのですが、他に服用している薬剤がある場合には十分な効果を期待することができない可能性もあります。

 

持病がある場合であったり、薬剤を長期間服用しているのであれば、まずは医師に相談をしてみるようにしましょう。
また、下痢や嘔吐をしてしまうことでピルに含まれているホルモンが流れでてしまうこともあります。
血液中にホルモンが一定の量維持できない、という場合もあるのです。

 

低用量ピルを服用した場合には吐き気を感じることもあります。
吐き出してしまうと効果が半減してしまいますので、身体にあっているピルを処方してもらうようにしてください。

 

低用量ピルで背中ニキビ改善

 

 

背中ニキビというのは低用量ピルを服用することで効果があります。
低用量ピルといえば避妊に効果的な薬剤というイメージがあるかもしれません。
しかし、背中ニキビに対しても一定の効果を期待することができるのです。

 

女性というのは、生理前になるとホルモンバランスが崩れてしまいやすくなります。
このホルモンバランスが一度崩れるとニキビができやすい状態になってしまいます。
そのホルモンバランスは低用量ピルを使用することで整える事が可能です。

 

さらにエストラジオールと呼ばれている女性ホルモンの働きからヒアルロン酸が増加し、お肌をプルプルに潤わせることができるのです。
これまでに背中ニキビに効果があるとされる物を使用してきたけど効果を得ることができなかった…
そのような場合には低用量ピルを使用したホルモン治療を受けるというのが良いかもしれません。

 

また、ニキビだけではなく生理不順、月経前症候群の症状緩和にも役立ちます。
では、この低用量ピルには副作用はあるのでしょうか。

 

昔はホルモン治療において中高量ピルが使用されていたので副作用がかなり強かったのですが、現在では低用量ピルが使用されているので副作用の心配はほとんどありませんので安心して飲むことができますよ。

 

低用量ピルと副作用のリスク

 

 

実際に病院に行って生理不順、生理痛を患っている、ということを伝えることでピルを処方してもらうことができます。
その場合に身体に不調があるのであれば、しっかりと病院で診てもらうようにしましょう。

 

では、ピルというのは生理痛を緩和する効果があるといわれていますがどうしてなのでしょうか。
その理由は、ピルを使用することで生理が来なくなるからです。
生理が来ないので生理痛によって苦しむことも少なくなって普通に生活をおくることができるようになるのです。

 

このピルというのは黄体ホルモンと呼ばれる女性ホルモンの塊のようなものです。
そのため、このピルを服用することで女性の身体というのは妊娠をしている時と同じ状態になることができます。

 

薬剤を服用することで、子宮内における粘膜の質が変わりますので、子宮内膜に受精した卵子がしっかりと着床できなくなるのです。
その結果、妊娠をしなくなるのです。

 

もちろん身体は妊娠をしない状態であるにも関わらず、妊娠をしていると勘違いしていますので、生理も来なくなるのです。
ピルは生理が来なくなりますが、薬の服用を止めれば薬の効果はしっかりと出るようになりますので妊娠できなくなるわけではありません。

 

 

更新履歴